蒸着技術

時代の先端をいくコーティング技術

光源からの白色光をBGRに分解する色分解系には、ダイクロイックミラー、全反射ミラーがあり、液晶パネルで画像処理した光を合成する色合成系にはクロスダイクロイックプリズム、ランプ系にはコールドミラー、UV/IR等の高精度な蒸着部品が使用されています。

  • 時代の先端をいくコーティング技術
  • 時代の先端をいくコーティング技術

液晶プロジェクター用光学ユニット 構成例

液晶プロジェクター構成例

ページトップへ

蒸着技術

1.プラスチックレンズ用コールドミラー

可視光を反射し、近赤外光を透過する光学膜。
今まで困難であったプラスチックへのコートが可能になりました。
密着性、信頼性も確保されています。

信頼性試験結果

熱衝撃 -40℃~85℃ 210回
高温高湿試験 85℃ 95% 96時間
高温放置試験 90℃ 94時間

試験後の膜ハガレやクラックの発生はありません。 ※当社試験結果

コールドミラー 近赤部の透過率 可視部の反射率

成形材料はゼオネックスとなります。

2.プラスチック用IRカットフィルタ

可視光を透過し、近赤外光を反射する光学膜。
今まで困難であったプラスチックへのコートが可能になりました。
密着性、信頼性も確保されています。

信頼性試験結果

熱衝撃 -40℃~85℃ 200回
高温高湿試験 85℃ 80% 1000時間

試験後の膜ハガレやクラックの発生はありません。 ※当社試験結果

IRカットフィルタの透過率

レンズにコードした例
レンズにコードした例
※レンズ材質はゼオネックス E48R

従来のガラスフィルタからプラスチックレンズへ、直接コートすることによりコストダウンも期待できます。

3.高耐久ミラー

ガラスおよびプラスチック用高耐久ミラー。
光学用の金属反射ミラーには、通常アルミニウムが用いられます。 比較的 耐久性のある膜が得られますが、それでも過酷な高温高湿下では白濁化や光線抜けが発生する場合があります。
アルミニウムに代わって特殊な金属と誘電体の組み合わせで耐久性が改善されます。

信頼性試験結果

熱衝撃 -40℃~85℃ 100回以上
高温高湿試験 85℃ 95% 500時間

試験後の膜ハガレやクラックの発生はありません。 ※当社試験結果

高耐久反射ミラー
※レンズ材質はゼオネックス E48R

過酷な条件下での使用にご検討ください。

プラスチックレンズ用コールドミラー、プラスチックレンズ用IRカットフィルタ、高耐久ミラーの仕様、 詳細についてはご相談に応じます。

※ZEONEX®(ゼオネックス)は日本ゼオン株式会社の登録商標です。

ページトップへ