光学素子

設計力を背景に 高精度、広範囲に対応

光学素子加工技術は、リコーのカメラ、交換レンズ、複写機用レンズの加工技術をベースにLSU(レーザースキャンユニット)、PJ(プロジェクター)用光学エンジン、投射レンズなどに応用展開することにより、さらに高い品質を作り上げてきました。
特にLSU用レンズでは、加工機の自社開発を行い、独自ノウハウを積み重ねることによって、厳しい要求精度に対応してきました。fθレンズ、トーリックレンズ、シリンダーレンズやミラーはさらに高精度化が進み、医療用、製版用、ラボプリンター用など、特機分野のLSUにも数多く使用されています。
また、PJ用光学エンジン、投射レンズユニットの事業化に伴い、大口径レンズへの対応、クロスプリズムの内作化、各種平面研磨部品の加工にも力を注いできました。多くの実績と積み重ねた経験から、広範囲にわたり、様々な要求にお応えできるようになっております。
設計力を背景に、使用する製品の特徴を把握し、光学素子部品の加工に生かすことによって、図面には現れないより高い品質のレンズを提供しております。

加工例

・fθレンズ 口径 φ300以下
・トーリックレンズ 主走査R300以下、副走査R150以下
・シリンダーレンズ R300以下で、L(長さ)140以下 但しR150以下なら L=510まで可
・球面レンズ φ300程度まで可
・ガラスモールドレンズ 大口径φ43実績あり
・クロスプリズム □21、□26、□32、□38、□45
・他に接合レンズ、様々なレンズ面の組合せにも対応可能
・加工材料 各種光学材料、石英、蛍石・・・Geなど特殊材料も対応可能

試作加工、小ロット生産にも対応いたします。

  • 光学素子加工技術
     
  • 光学素子加工技術
     
  • 光学素子加工技術
     
  • 光学素子加工技術
     

ページトップへ